お気軽にお問い合わせ下さい。03-3864-0204 東京都千代田区神田佐久間町3-35 178ビル2F 秋葉原駅 徒歩3分

歯医者/歯科の予約はぶんぶんサーチデンタル

医療法人社団 千矯会 秋葉原矯正歯科

小児矯正

小児矯正

矯正歯科は、お子様のうちから始めることが大切です。
顎が成長過程にあるお子様のうちに矯正歯科治療を始めることで、より適切な骨格形成と組み合わせへ改善することができます。

歯並びが与える体への影響

お子様の歯は、成人の歯に比べて本数だけでなく、色や大きさ、歯質も異なります。
成人の歯に比べてエナメル質、象牙質ともに薄いので、お子様の歯の虫歯は早く進行します。
虫歯になった歯を放置すると大人の歯が生えてきた時に、歯ならびが悪くなったり、乳歯の下にある大人の歯にも悪い影響をを与えてしまうことがあります。 また、歯並びが悪くなると、歯や歯茎のの隙間に歯ブラシをきちんと当てることが難しく、磨き残しを作ってしまいます。
時間が経つと磨き残しは、“プラーク”(歯垢)とよばれる細菌のかたまりになり、虫歯や歯周病の原因となります。 虫歯や歯周病が悪化すると、炎症を起こして痛みを伴い、歯を抜かなければならない事態になることがあります。  このように、歯並びは私たちの体や心に大きな影響を与えています。
矯正治療によって歯並びを整え、噛み合わせをよくすることは、見た目の美しさを得るだけではなく、歯の寿命を伸ばすことや、体や心の健康を保つことへつながります。

小児矯正のメリット

小児期から矯正治療を行うことにより、バランスのとれた偏りの無い噛み合わせを目指します。小児矯正では、上下の顎の骨のバランスや大きさを整えて、永久歯がきちんと生える準備をします。
大人になってから矯正するよりも、抜歯や外科手術をしないで治療できる可能性が広がり、治療後に再び歯並びが乱れる後戻りを最小限に抑えられるメリットがあります。※個人差があります。

小児矯正のデメリット

小児矯正に使用する装置は、その多くが家庭で患者様本人に装着してもらうタイプのものです。患者様本人が治療に協力的でない場合には、治療の結果に差が出 てしまいます。また、複雑な形をした装置をつけるため、磨き残しが出ることが多く、虫歯になりやすくなるため、注意深く歯のケア(ブラッシング)を行う必 要があります。