CHILDREN こどもの矯正

We will propose various treatment methods to meet the anxiety
and worries of patients regarding orthodontic treatment.

成長に合わせた
治療を行います

小児矯正は幼い頃から行うことで永久歯の歯並びを良くしたり、顎の成長を促して顔立ちを整えることのできる治療です。

大人は顎の骨の成長が完了しているため、歯の大きさに対して顎が小さい場合は抜歯が必要ですが、子供の頃から治療を行えば、顎の骨の成長を歯の大きさに合わせて促すことができるため、歯を抜く可能性が非常に低くなります。

そのため、矯正治療は顎の骨が成長過程にあるお子様のうちから始めることが大切ですが、お子様の成長は個人差が大きいという特徴があります。当院ではお子様の成長に合わせて適切な骨格形成と噛み合わせに導く治療を行っています。

このような症状は
ありませんか?
CHECK

  • お口がぽかんと開いている
  • 乳歯が隙間なく並んでいる
  • 姿勢が悪い
  • 風邪をひきやすい
  • 食べる時に音がする
  • 虫歯ができやすい

歯並びが悪いとどうなるの?

乳歯がある状態で歯並びが悪いと、永久歯に生え変わる過程で改善することはほとんどありません。そのまま永久歯の歯並びが悪くなってしまうと、歯磨きがしにくくなり、磨き残しが多くなってしまいます。

歯垢(プラーク)がたまると虫歯や歯周病を発症しやすいだけでなく、口臭の原因になってしまうこともあります。虫歯や歯周病は歯を失う原因になってしまうこともあるため、矯正治療を受けることは、歯の寿命を伸ばし、身体や心の健康を保つことにも繋がります。

小児矯正のメリット・デメリット

  • メリット

    小児矯正治療を行うことで、上下の顎の骨のバランスや大きさを整えて、永久歯がきちんと生える準備ができ、バランスの良い噛み合わせを手に入れることができます。

    大人になってから矯正治療を受けると、抜歯や外科手術を行わなければならない可能性が高くなりますが、小児期から治療を行うことによって、それらを回避し、さらに顔立ちを整えることのできる可能性が広がります。また、個人差はありますが、治療後の後戻りを最小限に抑えられるというメリットもあります。

  • デメリット

    小児矯正で使用する装置は、取り外しができる物が多く、ご家庭で患者様ご本人に装着していただく必要があります。患者様やそのご家族の方が治療に協力的でない場合は、治療がうまく進まなかったり、効果に差が出てしまうこともあります。

    また、子供の成長は個人差が大きいため、予想通りの治療結果が出ないということも考えられます。さらに、固定式の装置を装着する場合は、磨き残ししやすく、虫歯になりやすいため、注意深く歯磨きをする必要があります。

お子様に対する矯正治療

Ⅰ期治療

乳歯が残っているお子様に対して行う治療をⅠ期治療といいます。乳歯が残っている時期はまだ骨が成長する余地があるため、歯並びを整えるだけでなく、顎の骨や顔の骨の成長を促すことで、顔立ちを整えることもできます。歯並びを整えるというよりは、骨の成長を導くことに重きを置いているため、歯並びを完璧に整えられない場合もありますが、全身へも良い影響があります。

Ⅱ期治療

Ⅱ期治療はⅠ期治療で矯正治療が完了しなかった場合に行う治療です。Ⅰ期治療である程度骨の成長や歯並びが整っていれば、治療期間は短く、抜歯の必要もない場合があります。顎の成長が終わるのを待って治療を行うため、予後(治療後の結果)が予想しやすく、確実に歯並びを整えることができます。細かな調整も可能であるため、見た目に重点をおいた治療を行うことができます。

トレーニングについて

口腔筋機能トレーナーはマウスピースのような装置で、お口に装着していただくことで、お口周りの筋肉のバランスを整えたり、足りない筋力を鍛えることができます。お子様のお口の状態により使用方法や装置が異なりますので、歯科医師の指示通りに装着してください。お口周りの筋肉を鍛えるトレーニングを併用していただくことにより、より良い効果が期待できます。

TREATMENT さまざまな矯正装置

  1. FIXED RETAINER
    固定式矯正装置

    顎の骨にアプローチすることで、成長を促す、取り外しのできない装置です。保護者の方にネジを回していただくことによって顎の骨を広げることができます。固定式のため、歯磨きがしにくく、保護者の方の仕上げ磨きが欠かせませんが、お子様の場合、装着期間は短期間で済むことがほとんどです。

  2. FLOOR CORRECTION
    床矯正

    ネジを巻くことで顎の骨を広げることができる取り外し可能な装置です。ネジは保護者の方に巻いていただく必要があります。取り外しができるため、歯磨きなどに支障がなく、不安であれば、学校などに行く時は外しておくこともできます。装着期間は固定式の装置よりも長くなります。

  3. LINGUAL ARCH
    リンガルアーチ

    歯の裏側に装着する取り外しのできない装置です。主線と呼ばれるワイヤーに補助断線と呼ばれる細いワイヤーを取り付け、歯を適切な位置に移動させます。取り外しができないため、丁寧なブラッシングが必要となります。捻転した(捻れて生えている)歯の方向を直したりするのに利用します。

  4. PRE-ORTHO
    プレオルソ

    マウスピースのような装置で、歯並びを整えるだけでなく、舌を適切な位置に導いたり、口周りの筋肉を整える口腔筋機能トレーナーとしての役目も果たします。柔らかい素材を利用しているため、痛みはほとんどなく、簡単に取り外すことができて衛生的です。症状に合わせてさまざまなタイプを使い分けています。

  5. MUH SHIELD
    ムーシールド

    小さなお子様の受け口を改善するマウスピースのような装置で、3歳頃から使用することができます。1〜2歳のお子様の場合、受け口であっても自然に治癒する可能性があると言われていますが、3歳を過ぎるとその確率は急激に低下します。ムーシールドは決まった時間装着することで、無理なく噛み合わせを改善できます。

  6. HEADGEAR
    ヘッドギア

    お口の中だけでなく、首や頭に装置を装着することで、根が太く動きにくい奥歯も動かすことができます。取り外しができ、ご自宅で決まった時間装着していただくタイプの矯正装置です。必要とする治療効果によって、使用方法が異なりますので、歯科医師の指導に従って装着してください。

タップで電話する 03-3864-0204 24時間WEB予約 お問い合わせ・ご相談